有名戦国武将(戦国大名)
の家紋一覧 
~意味・由来の解説付き~

 
 

有名戦国武将(戦国大名)の
家紋一覧

 

家紋に描かれた植物や生き物、模様にはどのような意味や由来があるのでしょうか。また戦国武将(戦国大名)はなぜそのデザインの家紋を採用したのでしょうか。
家紋を紹介しているサイトはいくつもありますが、このサイトではその「なぜ」に焦点を当てて家紋を説明していきたいと思います。
 

*注意

  • 戦国武将(戦国大名)の家紋は、実はひとつではありません。あるときになってこれまで使っていた家紋をやめて別の家紋を使用し始めたり、中には同時期にいくつもの家紋を使いわけていた戦国武将もいます。
  • また、家紋と旗印の区別が曖昧で、文献に記載されている家紋は実は旗印だけで使用されていたのではないかという場合も存在します。
  • いくつもの文献にあたって調べてみると、文献や書物によって戦国武将が採用する家紋にかなりの違いがみられました。
  • ですので、このサイトで取り上げた家紋も100%正しいという自信があるわけではなく(400年も500年も過去のことなので、誰も正解はわからない)、あくまで一例として参考にしていただければと思います。
  • なお、このサイトでは最近話題の「ご城印」についても取り上げています。「ご城印」はお城またはお城近くの施設で受けることができ、「お城マニア」などの間で収集が行われています。
  • ご城印では家紋の判子(スタンプ)が押されています。そこで、ご城印で押されている家紋はそのお城の城主などをつとめた戦国武将(戦国大名)の家紋として広く通用しているという判断のもと、このサイトで取り上げた家紋はご城印の家紋を非常に重視しています。

 

取り上げた戦国武将一覧

*クリックするとそのページに移動できます

有名戦国武将の家紋一覧